もしや、確信犯・・・

職場にあるプリンター、とにかくよく壊れます。
紙詰まりがしょっちゅうあり、詰まった紙がうまく取れなくて、残ってしまった破片で本体がストップしてしまうのです。
会社はお金あるはずなのに・・・、新しいプリンター買えば全て解決するのに・・・。
一日に何回も業務がストップするとみんなイライラしてきます。

今日も朝一番にまた紙詰まり。
3人同時にプリンターのところへ来て、詰まった紙を取り除く作業が始まりました。
「課長に『このプリンター、そろそろ換え時じゃないですか?』って聞いたら『まだ減価償却できてない』って言うんだよ」
「でも毎日紙詰まり直してますよね・・・なんとかならないんですかね・・・」
すると普段無口なおじさん、
「方法なら、ある」と。

「どうやって?」と私が質問したら、
「直せないほど壊れればいいんだよ。例えば、例えばだよ、
ついうっかり(プリンターが置いてある)机から『落としちゃった』とかさ」
と言いのこして去っていってしまいました・・・。

もし近々、プリンターが落下して修理不可能になっていたら・・・その時は・・・犯人は・・・。