目薬は効能をよく見て買おう。

この前、ついついコンタクトレンズをつけたまま寝てしまって、
翌日になると目が真っ赤になっていたことがありました。
寝ているあいだにこすってしまったみたいで、
チクチクしみるような痛みもある・・・
急いでドラッグストアにいって、充血と書いてある目薬を買いました。

目薬をさして、これで安心と思った10分後。
鏡を見て私はびっくり!
目薬をさす前よりも、もっと真っ赤になってしまった私の目!

心配になってネットを調べてみると、その理由がわかりました。
充血をとる目薬は、血管を収縮させる成分が入っている。
充血している目は、酸素を必要として血管が太くなっている。
つまり、一生懸命酸素を送ろうとしていた血管を、
ぎゅっと縮めてしまったので、血管がますます頑張ってしまって、
充血がひどくなった、ということのようでした。

眠そうな目をはっきりさせるとか、効果ももちろんある目薬ですが、
症状がひどいときには、充血をとる目薬よりも、
栄養成分などが入った目薬のほうがよいようです。
安易に飛びついてはいけませんね。反省。